子供の英語教育

子供のお稽古事は一体何歳くらいから始めるのが良いのでしょうか!?

インターネットなどを見ていると早いお子さんで2歳前後からお稽古事を始めるそうです。その一番人気は…やはり英語です。年齢が幼いうちから英語の触れさせて英語嫌いを無くそう、という目的なのでしょう。でも実際に早くから英語を始めて身につくのかしら!?と疑問に思うお母さまや親御さんも沢山いらっしゃいます。2歳前後は子供の成長の段階で「言葉の爆発」期がある、と言われています。つまり今まで何も話さなかった子が次々と実際に口に出して言葉を話し始める時期です。そんな言葉に対してのセンサーが敏感な2歳前後の子供に英語を習わせることは、やはりある程度効果はあると思います。でもこの時期はどの単語が英語でどの単語が日本語か、区別をつけるのは難しようです。でも英語の単語が素直に入ってきてくれるのはこの時期ならではの特権です。

英語の学習を始めるの時期は早い方が良い、という研究者やある程度日本語が分かるようになってから…という研究者もいます。色々意見を持つ方もいらっしゃいますが、一番良いのはその子が始めたいと思う時かもしれません。。。でも子供は自分からそう言ってはくれないでしょうから、やはり親御さんが普段からお子さんをしっかり見てあげて、英語学習を早く始めた方が良さそうなお子さんの場合は早く始めるのも良いかもしれませんね!

 

 

学校の事

日本の大学には入学試験がありますよね。入学試験を受ける事が常識になっている日本ですが、ちょっと周りの国を見てみると入学試験がない大学がある気にも実は多いのです。例えばイギリスの大学やドイツ、オランダの学校には入学試験がないところが本当に多いのです。入学試験がないからこそ卒業するのが難しいのがこれらの国の学校。日本の大学は入学試験に通れば卒業するのはそこまで難しくない…ところが多いように感じます。とここで思うと、日本の大学は入るのが難しく卒業するのが簡単ですが、それとは反対の国もあるのですね。どちらかが良いのかというと、簡単には答えは言えません。入学試験がない国ではどのようにして学校の入学の有無が決まるのでしょうか?それは普段からの成績を総合的に判断して入学できるかどうか、を決めるそうです。普段からの態度が悪いと希望の学校に入れないことがある、という事です。日本では試験の結果さえよければ入れるところが多いですが…。このようにところ変われば試験の方法も様々です。面白いですね!

パートナーの事をもっと知りたい方へ

男性が気になる話題です。また男性、パートナーの事をもっと知りたいという女性にもお勧めの記事です。

参考:中折れ対策

好きな人がいて、その人とずっと一緒にいたいと思う時、気持ちだけでは解決できない問題もあります。気持ちだけで解決できない問題が二人の間に発生した時、その問題をどのように解決するべきか…。一つは経験談や体験談を詳しく聞いてみる事です。また今や何でもネットで情報は手に入る時代ですから、その問題についてじっくりと調べるのも良いでしょう。ネットでしたらちょっと口には出しにくいデリケートな問題でも、その解決の糸口をつかむことが出来るでしょうし、また経験談や体験談を探すこともできるでしょう。

世の中には女性と男性しか性別がありません。二つに一つの性別ですが、でもお互いがお互いを分かり合う事は…難しいとされ、永遠の課題とさえされることがあります。女性が男性の事を分かるためにも、男性が女性の事を分かるためにも何かと努力が必要なものなのです。パートナーの事もっとわかりたい女性は上のリンクを是非どうぞ!