梅雨の時期でも

梅雨も明けたので本格的な夏がやってこようとしています。梅雨の間は毎日湿気の多いムシムシとした天気ですが、それもようやく明けて、気温は暑いけれど湿度がまだマシな真夏になろうとしています。この時期特有の楽しい事はビアガーデンですよね。なんてことの無いビルやデパートの屋上でビールを飲むだけなのですが、それがとても楽しい!考えてみればヨーロッパやアメリカなどでは夏にオープンカフェにしたりしますよね。カフェの表側にテーブルとイスを出して、気長に読書やおしゃべりを楽しむ・・・。その心地よさは世界共通なのかもしれません。特に冬の長い国こそ、そういった夏の楽しみ方をよくわかっていて、夏になると毎年そんなふうにちょっと屋外に出て太陽の光を楽しむのですよね。

日本でもやはりこの時期のビアガーデンは楽しいですよね。気の置けない仲間と夏の夕暮れを体で楽しめるのもやはりビアガーデンだと思います。今年もビアガーデンの季節がやってきたので・・・、思う存分楽しもうと思っています!

ネットで頼むか、店頭に行くか…

お金が必要だけれども、でも銀行の口座にまとまったお金が無い・・・、なんて時はどのようにお金を調達するのが良いでしょうか。銀行や金融機関に融資を利用したいとお思いなら、ネットで融資を頼んだ方が早いのをご存知ですか?ネットで融資の申し込みをしたらどうして店舗よりも早いのか…。一つにネットで書類を送る方が郵送よりも早いからです。

では今すぐお金が必要という時の対処方法。店頭で即日融資を受けるのも良いですね。「店頭」といっても銀行に専用のブースを設置しているところもありますので、そちらを使うのも一つの手です。即日融資してもらえるようなキャッシングは店頭での審査が簡潔化されているので、だから即日融資が可能なのですね。でもこれにもやはりデメリットがあって・・・、即日融資の場合は貸し付けの額がそれほど高くない場合が多いのだそうです。それでもまとまったお金を貸し付けしてもらえますから、すぐにお金が必要な方にはありがたいですね。

http://tijuanabrooks.com/

全身脱毛について

とっても今更なんですが、全身脱毛を考えています^^;

今更というよりも、ある程度年齢を重ねたので、
このまま枯れたくない! もっと女を磨きたい!! って気持ちですかね??

それに今までの脱毛方法(ピンセットで抜いたり、カミソリで剃ったり)だとお肌のダメージが強くなってきてしまって。

それで周りの人にいろいろと相談してみたら、
シースリーっていう脱毛サロンを勧められました!

家の近所にもあるので、いいなぁと思ったのですが、
やっぱり自分でも調べないと気が済まない性格なので^^;、
ネットで検索してみると確かに良さそう!

特に参考になったのが以下のサイトです。

シースリーはこちらから

コースの説明とか、お店の特徴を解説してくれているのですが、
やっぱり「国産マシンを使っている」って書いてあるところに惹かれました^^

人が気になっているところをしっかり解説してくれているのもうれしいですよね^^

全身脱毛を考えているけど、サロンはどうしよう? と思っている人がいたら、ぜひ参考にしてみてください!

意外な不倫騒動

格差婚で話題になった矢口真里の不倫騒動。

仕事の多い嫁と、
矢口の旦那として紹介されがちな中村昌也。

これで中村のほうが不倫しているんだったら、
矢口はダメンズとして女性人気も上がったのだろうけど、
逆はダメだよ・・・。

しかも自宅に連れ込むんだなんて、
ひどすぎる・・・。

外でこそこそ不倫してくれているほうが、
自宅よりもよっぽどまし!!

結局彼女は自宅を「自分の自宅だ」って思っていたのでしょうね。
お金がないからホテルに行けないってわけでもないだろうし。
これは旦那を見下していたと思われても仕方ない!!

何はともあれ、あの二人に子供がいなくてよかったと思います。
自宅での不倫現場を押さえて、それでも離婚せずに済んだ人の話なんて聞いたことないし。

でもちょっとショックだなぁ。
矢口真里ちゃんも好きだったし、
あの夫婦ものほほんとしててかわいらしかったのに。
なんだか洗剤のCMとかが似合いそうな二人でしたよね。
とりあえず、CMを二人でやっていなかったのも、
不幸中の幸いなのかもしれません。

やっちゃったレストラン

今日子供から聞いた話なのですが、
Twitterで議論を呼んでいる話題があるそうです。

それが「車イス客入店拒否事件」。

車イスを拒否したのは、銀座にある隠れ家的イタリアンレストラン。
拒否されたのは、あの「五体不満足」の乙武さんです。

詳しくは知らないのですが、
ただ「店が狭いから」などの理由で拒否されたのではなく、
追い返した時の態度が問題になっているとか何とか。

助けると言った店員を制して、店長が拒否したとか
最終的に入店できないと分かるまでに15分ほど外で待たされたとか・・・。

お店の言い分としては、
「事前に車イスだって連絡してこなかったのが悪い」そうです。

たぶん銀座によくある、カウンターしかないような狭い店だったのでしょうね。
あの辺は古い建物も多いですし・・・。

店側の言い分はわかるのですが、
「相手の立場に立ったうえで、お断りしている」という姿勢が伝われば、こんな騒動にはならなかったはず!!

思いやりって大切ですね。

Vライン脱毛について

今さら・・・って言われてしまうかもしれませんが、
Vライン脱毛を考えています!!

ほかのところは若いころに終わらせていたので、
Vラインだけいつも気になっていたんです。
こんなに気になるなら、もう処理しちゃおう!!
と思ったのです。

だって今って、脱毛もいたくないらしいし、安いじゃないですか!!

Vラインもそれほど覚悟をしなくてもできるみたいだし、
やっといたほうがいいですよね^^

でも脱毛サロンって、情報をちゃんと集めないと
自分に合う合わないっていうのがあるから、
大変ですよね。

でも単に脱毛サロンの情報を集めたいわけじゃなくて、
Vライン脱毛についての脱毛サロン情報を集めたいので、
そんな細かい情報はないだろうなあと思っていたのですが・・・。

すごいですねー。
あるんですね!!

Vライン脱毛について、各サロンの情報や
家庭用脱毛器も含めて、すごく細かく説明してくれている
サイトにたどり着きました。
これは助かる!!

みなさんも、Vライン脱毛を考えていたら、
ぜひ参考にしてください^^

トラウマ小説

ふと思い出したトラウマ小説があるんです。

トラウマ漫画なら、日本国民の大部分にトラウマをうえつけた人に
ウメズカズオがいると思うのですが^^;

今回書きたいのは小説です!!

小さい頃(っていっても小学校高学年)に読んだ短編小説で、遠藤周作の作品で、
皮膚の下に蜘蛛が卵を産んだ結果、皮膚の下に小さな蜘蛛の子供がうごめいている・・・という作品があったんです。
タクシーの運転手が、変な客を乗せたけど実はその客は・・・っていうストーリーだったと思います。

でもそんなストーリなんてすっかり忘れてしまうほど、
皮膚の下にうごめいている蜘蛛の子・・・って言うのが怖くて、
今でも蜘蛛は大嫌いです(><)

でも時々カーテンとかを小さな蜘蛛が歩いているんですよね・・・。
どこで生まれたんだ!! って焦ってしまうのですが・・・。

うちの旦那は冷静で、「餌がいなければいなくなるんだからほっとけ」というのですが、頭ではわかっていてもやっぱり怖くて・・・。

命の価値

朝から衝撃が走ったのが、ボストンマラソンでの爆破事件。

事件そのものが心を痛めるのはもちろんですが、
その後に出回っていた英文テキストにも心を痛めました。

要約すると、

「ボストンの人々に祈りをささげよう。今日、20発の爆弾が爆発したイラクの人々へも。昨日の爆発で29人が無くなったソマリアの人々のためにも祈ろう」

・・・とここまではいいのですが、

「パキスタンやアフガニスタン、イエメン、ソマリアでアメリカが生んだ数千の罪のない犠牲者へも。すべての人のために祈ろう。このすべての世界に祈ろう。なぜならすべての命はひとしく重要だから」

*上記文章は私自身の手で和訳・要約しています。

この後半部分は矛盾していますよね。
“アメリカは罪深い。その結果生まれたテロでボストンで人が死んだ”と、ボストンの犠牲者たちの命を軽視しているように、私には見えてしまいました。

ボストンの犠牲者もまた、罪のない人々であることは、
明白ですから。

ディセンシア

私は育毛を考えるときに実はポイントとして考えているのは、
お肌に優しいかどうか。

結構な敏感肌なので気をつけています。

この時期って夏に向けて美白が気になりはじめるけれど、
花粉とかで一段とお肌が敏感になっているんですよね・・・。

今年はPM2.5とかもあるので、今までよりも一層敏感になっている気がします。

だから美白化粧品はあきらめていたんですが、
ご近所さんから「ディセンシア」って言うのがいいよと教えてもらいました。

ディセンシアが化粧品の名前なのか成分なのかわからないので^^;
とりあえずネットで検索!

そしたら、細かく説明してくれているサイトを見つけました。

肌質も改善してくれる化粧品ラインなんですね^^
お試しセットもお手頃なので、試してみようと思います。

このサイトでは美白に関する基礎知識も書いてあるので、
合わせて読んでみて、勉強になりました!

これからは育毛に加えて、美白(美肌)もがんばって、
主婦力をアップしたいとおもいます^^

本日公開の映画を見て・・・

本日、たまたま旦那と出かけたものの、ぽっかり時間ができてしまったので、
新宿で映画を見て帰りました。

新宿で映画なんて、かなり久しぶりなのでデート気分でわくわくしていたんです。
で、見た映画は『だいじょうぶ3組』。
乙武洋匡は学生時代に「五体不満足」を読んで、ユーモアもあるし、かなり考えさせられたので、この映画も楽しみにしていたのです。

映画自体は強烈な印象もないものの、見てよかったと思える作品だったと思います。
ただ残念だったのは、見ている観客のマナー。
私が見た回がたまたま高齢者が多かったのですが、映画中にしゃべったり、いびきをかいたり・・・。あと、地味に携帯電話を開いた時の光って目に付きますよね。あれは本当に辞めてほしい!!

ヒットしている映画だと、普段映画を見ない人が劇場にやってくるのでマナーの悪い人も多い! ってことはある程度あきらめていたのですが、この映画に関しては、まさかヒット作よりも観客の質が低いとは思ってもいませんでした!